アンチエイジング療法

赤ちゃんの様な若々しい肌でいたいということは多くの人が抱いている願いです。この願いを叶えるために最新ではサーマクールという技術が開発されるなど、昔から色んな療法が重ねられてきました。アンチエイジングという言葉が流行し始めたのはここ十年のことですが、これが浸透していない時期であってもいつまでも若くいたいという人の願いは変わることはなかったのです。肌は何故衰えてしまうのかということはあまり分かっておらず、年齢を重ねることでしわやたるみが生まれてしまうのは当然であると考えられてきました。しかし、人によってはこの老化の度合いは変わっているのです。同じ年齢であってもタバコなどを吸う、もしくは不規則な生活をしていることでしわやたるみの範囲が人よりも広くなってしまうということはよくあることです。

肌の衰えは水分の低下から始まります。肌の間には水分やコラーゲンなどの間質細胞があり、それが肌のハリを保ってきたのです。それは年齢を重ねるごとに、あるいは新陳代謝が低くなることで失われてしまうものです。それを防ぐことができる技術がサーマクールなのです。しかも防ぐだけでなく、サーマクールを使うことで新陳代謝が落ち、コラーゲンを生成する力が落ちてきた細胞を活性化させることができるのです。今までは肌のハリを生むためにはたるんだ皮膚をフェイスリフト技術で引っ張り上げるということが行われてきました。しかしこの方法では肌を切開することになるのでダウンタイムが大きかったという事実があります。サーマクールは切開せずに肌に高周波を当てるだけで施術できるものなので、ダウンタイムがない技術となっています。